取り扱い食材について

食料自給率に伴う・食材の供給

食の多様化や輸入の自由化も伴って、現在の日本の食料自給率は40%を下りました。
実際には、米により40%の自給率を保っており、野菜や青果に関しては、40%をはるかに下回ります。
日本は現在先進国中は最大の食料輸入国であり、今後も自給率は下がる可能性が懸念されております。
小さい国日本では、天候次第で供給が不安定であり、毎年のように、食材が不足し、一部の食材が値上がりしたりし、一般家庭はもとより、飲食店経営において、多大な経営被害をもたらしていることが現状です。
既に世界の農業では、日本への輸入を念頭に食料の高品質化と安全性に力を注いでおります。
その時代の中で、グリーンアースでは、世界各国の現地農場にて、食材を選び抜き高品質な食材を提供してゆきます。

グリーンアースの食材がお手元に届くまで